読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スウェディッシュマッサージ LIFE

世界一気持ちいいマッサージ、スウェディッシュマッサージの男性セラピスト、インストラクターのブログ

加藤式スウェディッシュケアは何が違うのか?

どのようなスポーツもケガから体を守るために、上達を促進するために、まず基本姿勢というものを身につけます。

野球にしてもテニスにしてもスキーにしても、その競技を楽しむためには基本姿勢が大切です。

スウェディッシュマッサージにも基本姿勢というものがあります。

その基本姿勢を保つことでセラピストの体を故障から守ってくれています。

スウェディッシュケア(クラシックマッサージ)特有の基本姿勢は、腰や腕や膝などへの負担を軽減してくれます。

基本姿勢を保つことで無理なく長時間の施術を行なうことができるのです。

加藤式スウェディッシュマッサージの基本技術は、このクラシックマッサージがベースになっています。

クラシックマッサージと加藤式ボディケアの大きな違いは、クラシックの基本姿勢を使いながら更に骨盤(股関節)と肩(肩甲上腕関節&肩甲骨)を連動させることでよりダイナミックで安定感のある施術と深みのある圧を可能にしているという点にあります。

加藤式では手首や肘という小さな関節にはなるべく頼らず、股関節と肩関節という大きな関節を使ってまるでダンスをするようにダイナミックに施術を行なっていきます。

人は通常、肘や手首を使って手という道具を動かしています。

しかし、肘は蝶番関節のため一方向にしか動かすことができません。

その他の動きは手首や指を使って細かく調整する必要があります。

また肘が伸びきった瞬間に動きが一度止まってしまうという難点があります。

更には伸びきった際の振動がビートをきざみ、受け手の交感神経を刺激してしまいます。

一方、股関節と肩関節は球関節であるために可動域も広く、あらゆる複雑な動きを可能にしています。

円を描くような動きは、流れを止めずに繋げられる永続性と共に振動が一切伝わらないという利点があります。

そのために安定感のある施術が可能になり、受ける側においてもストレスがなく、オイルマッサージにとって最も重要な副交感神経優位の深いリラクゼーション効果を生むことに繋がります。

加藤式スウェディッシュケアは、痛きもちいいマッサージではなく、深きもちいいマッサージと言えるでしょう。