スウェディッシュマッサージ LIFE

世界一気持ちいいマッサージ、スウェディッシュマッサージの男性セラピスト、インストラクターのブログ

スウェディッシュマッサージスクール インストラクターの役割

私のスウェディッシュマッサージスクールにいらっしゃる生徒さん達の多くが習い始めの頃に同じことを口にする。
「本当に私にできるようになりますか?」
「こんなに下手な人今までいましたか?」
私はこう答えます。
「大丈夫!必ずできるようになりますよ。」
「みんな最初からできる人はいません。もちろん不器用な方も器用な方もいます。でも、どちらの方も時間をかければ結局最後はちゃんとできるようになります。」
確かにスウェディッシュマッサージの技術は、ちゃんと習得しようとするとそれは非常に難しい技術。
私は時にこう言います。
「自転車って最初はとっても乗るのが難しいですよね?不思議なぐらいに全然乗れない。お父さんに手取り足取り付いてもらって倒れても倒れても繰り返し乗るうちにいつの間にか乗れるようになる。スウェディッシュマッサージもそんな感じです。」
乗れるようになってしまえばお父さんの手助けはいらないんです。
スウェディッシュマッサージのインストラクターも同じように最初の基本だけしっかり教えてしまえば後は生徒が自分で学んでいける。そんな種類の技術です。

また、お客様の心と体を癒すのがスウェディッシュマッサージなのですが、半分はセラピストの健康を守るのがスウェディッシュマッサージの目的だと私は考えています。
セラピストが腰や首や肘や手首を痛めないために大切なことを徹底的に教える。
それさえできればセラピストは生涯現役で施術を行なえるのです。
それを教えることが私の役目だと思っています。
安全に自転車に乗れること、それさえできれば自転車の使い方はそれぞれが自由に考えればいいこと。

卒業生達が私のスウェディッシュマッサージテクニックを使って自由な発想で多くの人を癒してくれること、それが何よりの私の希望であり、私のレガシーと言えるのかもしれません。

youtu.be

スウェディッシュマッサージスクールで教える世界一難しいマッサージの技術とは

私が現在東京の練馬で教えているスウェディッシュマッサージという技術は、世界一気持ちいいマッサージと言われていますが、実は世界一難しいマッサージテクニックでもあると私は思っています。
なぜそんなに難しいというのか?
それは、他のアロママッサージや指圧、リフレクソロジーや痩身、リンパマッサージの技術のように指先や手や腕で行なう技術ではないからです。
え?スウェディッシュって足使うの?
そう、足も使います。
でも、足で踏んだり、背中や足裏に乗ったりはしませんよ。
体に触れるのはもちろん手、その手という道具を動かす方法がとっても難しいのです。
手を動かすのなんて簡単だよ!と思われた方もおられることでしょう。
普段、人は指の関節や手首や肘を使って器用にあらゆる作業を行うことができます。
それこそ今この文章を打つのも、スマホを見るのも、掃除や洗濯やお皿を洗うなどの家事においても中心的な役割は手が行います。
スウェディッシュマッサージにおいても最終的に筋肉を動かしたり筋膜をストレッチしたりするのは手の役割ですが、その手を動かす原動力は手首や肘ではなく、主に股関節や膝と肩なのです。
手という道具からは遠く離れたこれらの大きな関節で力を生み、その力で道具を動かしていきます。
スポーツや武道でもこの原理は同じですよね。
テニスにしても野球にしてもサッカーにしても、柔道や剣道にしても、足が止まったままでは道具に大きな力を伝えることはできません。
私もスウェディッシュマッサージを初めて学んだ時には、こんなにも下半身を使って施術を行なうものだとは正直驚きでした。
しかし、その基本姿勢を修得することでセラピストをケガから守っているのです。
ケガというのは主に腰や首、肘や手首の故障です。
なぜ故障をしなくなるのか?それはもちろんそのスウェディッシュケアの基本姿勢に秘密があるのですが、もうひとつ大きな要因としては、体を特に下半身を常に動かしながら有酸素運動を行なっているからだと言えるでしょう。セラピストの体は常に酸素を取り込みエネルギーを生み、血流が良い状態を保っているためぎっくり腰などになりにくいのです。
楽な姿勢と体に良い姿勢は違います。楽に施術をしようとするとそれはかえって体を痛めることに繋がる場合もあるということです。
フェイシャルの施術などは椅子に座ってされる方が多いと思いますが私は座りません。
膝を曲げて腰を落として行います。
そうすることで下半身はどんどん鍛えられます。
一日中座って施術をしていたら、そのうち腰や肩に故障が現れるでしょう。
楽して健康にはなれないということですね。
それと、もうひとつ、これは私独自の技術です。
この技法は私が卒業したスクールでも教えてはいませんでした。
これは私がセラピストとしてのキャリアを積む中で生み出した施術法です。
それはもう一つの大きな関節である肩を使った施術法です。
肩甲骨を動かしながら行うこの技法を下半身の動きと連動させることでさらに大きく安定感のある力を生み、そして単純ではない複雑な手の動きを可能にできるのです。
簡単に言うと、手技によって肩を後ろや前に大きく回しながら、それはまるでヒップホップのダンサーの如く施術を行ないます。
この技術は最初非常に難しく、肩甲骨周りの筋肉が硬い人には至難の業ではありますが、続けていくうちに肩甲骨が動くようになり、この技術を習得した頃にはセラピスト自身の肩凝りも治ってしまうという何ともありがたいテクニックなのです。
そんなGod Hand Therapist Schoolの世界一気持ちいいボディケア、スウェディッシュケアの技術を当スクールでは通信で習得することができます。
ゴッドハンドの勲章GHTS認定スウェディッシュボディケアセラピスト・ディプロマ証を取得できる充実のカリキュラム。
スクーリングで直接インストラクターの技術チェックを受ければ更に高い技術を学べます。
教材の動画には4K映像によるゴッドハンドの技術を120分、余すところなくすべて収録!
ブルーレイディスクとDVD、更に4K映像の動画配信でスマホでも学べるフレキシブルな教材で、本物の技術の習得が可能です。
東京で最も予約が取れないリラクゼーションサロンの施術テクニックをすべて教えます!
選ばれるセラピストの技術が学べる教材です。
通信講座から通学コースへご入学の方には通信講座受講料をキャッシュバックさせていただきます。
まずは通信講座でゴッドハンドへの道を歩き始めてみませんか?
通学クラスご入学は現在1~2か月待ちとなっておりますが、通信講座は随時お申し込みを受け付けております。
詳細お問い合わせはGHTSホームページをご覧ください。

http://ghts.jp/

youtu.be

 

スウェディッシュマッサージの効果 幸福のスパイラル

昨今、体に良いホルモンを分泌させることが何よりも若返りや免疫力アップに繋がるということが知られるようになってきました。

特に美を追及する女性たちは、外側に何かを塗りたくるよりも体の中からアプローチすることが最も永続的な健康や美を獲得できることを知っているのでしょう。

私のサロンにもそんなインナービューティーを追及する美魔女たちが多く訪れてくれます。

スウェディッシュマッサージの大きな効果として、オキシトシンホルモンやβエンドルフィン(鎮痛作用はモルヒネの6倍以上と言われる)の分泌を誘発するということが知られています。

心地よいと感じることを行なうことで分泌されると言われるこのような幸せホルモン。笑ったり、癒されたり、美味しく食べたり、楽しく歌ったり喋ったり、スポーツでリフレッシュしたり、成長を実感したり・・・。

つまり幸せな生活をしている人ほど幸せホルモンが分泌され、更に幸せになっていく。

何だかお金持ちがどんどんお金持ちになっていく仕組みに似てますよね。(笑)

一度「幸せのスパイラル」に乗ってしまえば、その日常をキープさえしていれば、そのスパイラルは永続的に続いていくでしょう。

「脳のドーピング」とも呼ばれている幸せホルモン。

脳のスイッチをポジティブに入れて心地よい生活を謳歌することで、「幸せな人生」の幕が開けるのです。

リラクゼーションサロンTomTeでは、そんな「幸せな人生」への特等席をご用意して皆様のご来店をお待ちしております。

youtu.be

マッサージスクールの役割、世界一難しいスウェディッシュマッサージの技術・・・

私のスウェディッシュマッサージスクールにいらっしゃる生徒さん達の多くが習い始めの頃に同じことを口にする。
「本当に私にできるようになりますか?」
「こんなに下手な人今までいましたか?」
私はこう答えます。
「大丈夫!必ずできるようになりますよ。」
「みんな最初からできる人はいません。もちろん不器用な方も器用な方もいます。でも、どちらの方も時間をかければ結局最後はちゃんとできるようになります。」
確かにスウェディッシュマッサージの技術は、ちゃんと習得しようとするとそれは非常に難しい技術。
私は時にこう言います。
「自転車って最初はとっても乗るのが難しいですよね?不思議なぐらいに全然乗れない。お父さんに手取り足取り付いてもらって倒れても倒れても繰り返し乗るうちにいつの間にか乗れるようになる。スウェディッシュマッサージもそんな感じです。」
乗れるようになってしまえばお父さんの手助けはいらないんです。
スウェディッシュマッサージのインストラクターも同じように最初の基本だけしっかり教えてしまえば後は生徒が自分で学んでいける。そんな種類の技術です。

また、お客様の心と体を癒すのがスウェディッシュマッサージなのですが、半分はセラピストの健康を守るのがスウェディッシュマッサージの目的だと私は考えています。
セラピストが腰や首や肘や手首を痛めないために大切なことを徹底的に教える。
それさえできればセラピストは生涯現役で施術を行なえるのです。
それを教えることが私の役目だと思っています。
安全に自転車に乗れること、それさえできれば自転車の使い方はそれぞれが自由に考えればいいこと。

卒業生達が私のスウェディッシュマッサージテクニックを使って自由な発想で多くの人を癒してくれること、それが何よりの私の希望であり、私のレガシーと言えるのかもしれません。

youtu.be

揉まないマッサージ?揉み返しがないスウェディッシュマッサージのテクニックとは?

マッサージというと、手や指を使って揉んだり押したりするのが一般的な常識になっています。手で揉むのが当たり前のマッサージ。「てもみん」なんてネーミングのお店もあるくらいそれは誰も疑わないマッサージの常識です。
しかしスウェディッシュマッサージの技法は、手や指の力で揉んだり押したりはしません。そう、なんと揉まないマッサージなのです。では、どうするのか?
手のひらや指は単なる道具。その道具はお客様の体に力を抜いて置くだけ。そして手や指の力は使わずに膝や股関節、肩甲骨を使ってその道具をその手技ごとに様々なテクニックを使って動かしていきます。
このような説明をされても何のことやらさっぱりわからないという方も多いことでしょう。
試しに椅子に座った状態で自分の太ももを両手の親指と残り四指で挟み交互に強く握ってみてください。おそらく筋肉がつぶされるような感じで痛みやくすぐったさを感じる方もいるでしょう。
今度は両手で太ももを挟み込んだまま指の力は使わずに肩を前に交互に回してみてください。(慣れないとちょっと難しいかもしれません。)すると先ほどのような筋肉への急な負荷や違和感は感じられず、筋肉の束が大きく動かされて程よい心地よさが感じられませんか?
これはスウェディッシュマッサージのペトリサージというテクニックの基本的な動きです。
肩甲骨を交互に大きく前に回すことで筋肉を大きく捏ねるように動かしていく技術です。
筋繊維を痛めずに効果を実感できるボディケアテクニックです。
肩甲骨を回すことで施術者の肩こりにも効果があります。
人を癒しながら自分も癒される。
そんな相互癒しこそが私の目指す究極のボディメンテナンスです。
マッサージの痛みや揉み返しが嫌いという方は是非この揉まないボディケアを一度体感してください。

youtu.be

揉み返しにならないマッサージ、スウェディッシュマッサージの秘密!

 マッサージは好きだけど、次の日の揉み返しが嫌いという方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?
痛いぐらいに強く揉まれることで一時的に慢性的な痛みを忘れさせてくれるのはいいのですが、次の日の揉み返しにいつも後悔・・・。(DNIC効果)
なんだか、嫌なことを忘れたくて飲みすぎた翌朝の二日酔いみたいですよね。
揉み返しというのは筋繊維の損傷から来る炎症による痛みや違和感と言っていいでしょう。
適度な刺激(鍼灸など)は免疫効果を高めると言われていますが、許容量を超えた刺激は筋肉の二日酔いを生み、ダメージが翌日まで残ってしまいます。
スウェディッシュマッサージは揉み返しのないボディケアとして知られています。
私のサロンには、揉み返しがあっては困るアスリートやダンサーの方、バレリーナやピアニストなどの音楽家さんたちもいらっしゃいます。
このように体を使う仕事をされている方たちは、疲れを翌日に残したくないが揉み返しは絶対に困りますよね。そんな方たちにとってスウェディッシュマッサージはぴったりのボディメンテナンスだと言えます。
しかし、なぜスウェディッシュマッサージは揉み返しが起こりにくいのでしょう?
スウェディッシュケアは、急激な過度の刺激を与える施術ではありません。
オイルで緊張を緩めながら時間をかけて徐々に適度な刺激を筋肉に与えていきます。
またオイルを塗り足さないことで肌との密着感が増し、血流を促しながら適度な圧や刺激を与えていきます。血流を促すことで揉み返しを防ぎ、回復を早める効果もあります。
血流不足は内臓だけでなく筋肉にとってもリスクを高めることは周知の事実です。
血流の悪い朝に急な刺激を筋肉に与えると痛めるリスクは高まります。
伸びをしただけで、足をつったり、首や背中を痛めたりしたことはありませんか?
6~8時間も水分を摂取せずに汗をかき続けているわけですから血液はドロドロ、血流は最悪。体はとても危険な状態なわけです。
昔は「運動中は水を飲むな!」と教えられていましたが、今思うと危険な行為ですよね。
デスクワークなどで凝り固まった部位は血流が悪くなっています。急な強い刺激は更に筋繊維を痛めるリスクが高まることが考えられます。
適量のオイルで血流を促しながら筋肉にアプローチしていくスウェディッシュマッサージが体に優しく揉み返しもないボディメンテナンスである理由がお分かりいただけたのではないでしょうか。
また、私のリラクゼーションサロンで出すウェルカムティーやベンチに常備してあるミネラルウォーター(NASA公認の無菌水)やアフターティーなどにも大きな意味があることがお分かりいただけたのでは?
頑固な冷えや凝りに悩まされている方にはつらい季節がやってきましたね。
そんな方はまず体を温めて、根菜がいっぱい入った鍋でも食べて、適度な運動をして(水分摂取しながらね)、そしてスウェディッシュマッサージが何よりおすすめですよ。
北欧のボディメンテナンスで今冬も乗り切りましょう!

youtu.be

スウェディッシュマッサージという伝統の技術

それは、北欧スウェーデンでクラシックマッサージと呼ばれる伝統の技術。
その技術は、まさに心震わせるクラシック音楽のようなもの。
第一楽章からコーダまで、そのゆるぎない流れは、長く愛されてきた様式美を湛えている。
オイルの量、時間経過に伴うオイルの浸透率、エフロラージから始まりペトリサージ、フリクションと進む手技の流れ、そのすべてがまさに伝統芸術。
いくつもの味わいが始めから終わりまで波のように押し寄せ、共鳴する。
それは、味わうたびに心を震わせ、そしてまた、思い出してしまう感覚・・・。
それが、スウェーデンの伝統、クラシックマッサージの魅力。

youtu.be