スウェディッシュマッサージ LIFE

セラピストも元気になれるスウェディッシュマッサージCarexercize(ケアササイズ)の男性セラピスト、インストラクターのブログ

やる気を出させるマッサージスクール スモールステップ学習法

今年の夏はほんとに暑いですね。

こう暑いと何をするにもやる気が出ないという方、多いのではないでしょうか。

やらなければいけない仕事や勉強であればあるほど、人は気力を失うものですよね・・・。

更にそのゴールが遠くなればなるほど、壁が高くなればなるほど、人は初めの一歩を踏み出せないものです。

そうしているうちに、やるべきことは容赦なく積み重なり、よりゴールは遠くなっていく・・・。

例えば流し台に溜まった皿洗い、面倒ですよねえ。

溜まれば溜まるほど面倒になっていきます・・・。

私は面倒な皿洗いをできるだけ溜めないためにある方法を日々行なっています。

その方法は、・・・

続きを読む

セラピストは体を壊すという常識を変えるスクール

当スクールの入学相談会には初心者の方だけでなく現役セラピストの方も多くお見えになります。

その多くが腰痛や首の痛み、更には肘の痛みや腱鞘炎など、痛みに耐えながら日々の施術を行なっておられます。

セラピストという仕事は、施術者自身が身体の故障と闘いながら生活のために仕事に従事する、それが当たり前というのが一般的になっているようです。

当セラピストスクールが教えているケア技術は・・・

続きを読む

スウェディッシュマッサージの効果が凄すぎる理由

東京に住んでいると世界中のあらゆるボディケアを受けることができます。

その中にあってスウェディッシュマッサージの効果は群を抜いています。

なぜスウェディッシュマッサージの効果には即効性があるのでしょうか?

それは、・・・

続きを読む

世界一気持ちいいマッサージと言われる奇跡の技術とは

世の中の癒しに携わるセラピストさんたちは、皆さん本当にお疲れですよね。

中腰姿勢の施術で腰がつらくても、指圧で親指が痛くても、手元を見過ぎて首がつらくても、お客様の「気持ちよかった!」という言葉を聞きたくて日々がんばっておられます。

そんなセラピストの身体のつらさを解消し、日々の施術を楽しくしてくれる、そんな奇跡のボディケアテクニックがあるのです。

それは、 ・・・

続きを読む

失敗しないビジネス、自宅サロン開業のススメ

失敗しないビジネスには4つの原則があります。
1.初期投資が少ない事業
2.利益率の高い事業
3.毎月固定収入が見込める事業
4.在庫を抱えない事業
この4原則すべてを兼ね備えているビジネスがあります。

そう、それこそ正に・・・

続きを読む

新年のご挨拶

新年、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

私の人生というマラソンも、すでに折返し地点を過ぎ、完走に向けてようやく自分のペースが掴めてきたように思います。
20代は自分の行くべき道にさえ迷い、30代は周りのペースに惑わされ、40代でようやく自分の行くべき道を知り、50代を目前にしてようやく自分らしくひたむきに走ることの大切さに気付きつつあります。
若い頃は、読書や人生の先輩による講演や説教から発見や気づきを頂けることもありました。
しかし、五十路にもなると、どんなすばらしい本を読んでも、講演を聴いても、共感することはあっても新しい発見は少なくなってきます。
もう道に迷ったり、人に惑わされることもなく、ひとしきり削り終えた彫刻をどこまで磨けるか、それが残された時間でするべきことなのではないでしょうか。
自分の人生というコースは、自分の足で走り切るしかないのです。
これまでしてきた苦しい経験や勉強で形成された自分をひたすら磨くことでどこまで光り輝かせることができるか。
世界にひとつしかない一点物の自分、一度きりの人生を大切に生き切る、それができた時、人生のゴールテープを万歳しながら走り抜けることができるのかもしれませんね。
ということで、今年の目標は、ペースを崩さず自分を信じて走り続ける。
ただ、それだけです。

皆様にとって、2018年がより良き年でありますよう、お祈り申し上げます。

GHTS  https://ghts.jp/

カール販売終了とエステ業界の未来について

私が生まれた1968年に生まれたスナック菓子の明治「カール」が東日本で販売終了とのこと。

選択肢が増えすぎた飽食の時代ならではのニュースですね。

なんだか、若い頃通っていた町の洋食屋さんが閉店しちゃうみたいな寂しさがありますね。

次々新しいお店でインスタなんか上げてないで、大好きなお店なら浮気せず通っておけばよかったと思った時には時すでに遅しなんですよね。

なんだか夫婦の関係みたいね・・・。

既婚者の皆様、奥さんを大切にね。

とはいえ、旦那にも言い分はあります!

ずっと通ってもらうには、売りとなる個性は残しつつ常に変化、新しい風を吹き込んでいかなければ生き残りが難しい時代なんですよ。汗

「夢の国」は常に夢を提供しつつ新しいアトラクションを、激辛ラーメン店は刺激を保ちつつ新しいメニューを、伝統芸能は伝統を守りながらも新しい演目を、常に飽きさせない努力が必要です。

カールの売りはあの独特の食感ですよね。

柿の種みたいにチョコレートでコーティングしてみたり、形を変えてみたり、味無しのクルトン的なものをサラダ用に作ったり、もう少し健康的な上品な味の現代版カールを作るとか、企業努力が必要だったのかもしれませんね。

以前はお菓子の王様的な時代もあっただけに、驕りもあったのでしょうか。

カルビーの「かっぱえびせん」なんかもがんばらないとね。

選択肢が少なかった昔だから勝てていた物も今は生き残るのが大変な時代なのでしょう。

リラクゼーションやエステ業界も昨今、伸び悩んでいる状況にあります。

利益至上主義によるお客様を惑わす売りばかりでなく、本当にお客様の心と体が求める本質的な売りを見直すことが大切なのではないでしょうか。

奥様一筋、いや、お客様一筋の私は、本当の癒しを求めて日々精進しております。